ペットとの暮らし

ペットとの暮らし

ペットをアパートで飼う時のマナー

アパートでもペットを飼えるケースは多いですが、マナーを守らなければ近隣住民の迷惑になります。犬はどんなに躾をしていても、突然暴走する可能性もあるので、散歩する時はリードをつけます。小型犬であっても、幼い子供に噛み付けばケガをさせてしまいます。また騒音問題になるムダ吠えはストレスなど何らかの原因があり、それを解決するまで抑えることはできません。基本的に外出先で排泄しないようにしつけますが、もし散歩中などにトイレをした時は後始末をするのが飼い主の責任です。アパートで猫を飼う場合は、家の中だけを歩かせます。周辺の交通が盛んであることを考えても屋内飼育の方が安全です。ペットの運動不足は、室内に登り降りができる設備を整えることで対処します。猫が排泄すると非常に臭いので、外に出すのは迷惑になる恐れがあります。室内でも決められた場所にするように子猫のうちにしつけなければ、隣りの部屋まで臭うことがあります。


アパートにおすすめのペット

アパートなど賃貸でもペット可の物件が増えてきています。しかし、集合住宅で飼う場合には鳴き声など気になる人も多いと思われます。 そんなときにおすすめのペットの種類はいくつかあります。 鳴き声もなく小さなスペースで飼うことができるため狭いアパートでもおすすめなのがハムスターです。初期費用もかかりませんが、夜行性であったり寿命が短いなどの注意点があげられます。 小動物ならモルモットも良いとされています。鳴き声がほぼなく静かですが、体長が約30僂曚匹濃育するには専用のケージが必要となってきます。暑さと湿気に気をつければ育てやすいというのが特徴です。 人に懐いてくれる動物が良い場合はフェレットがおすすめです。少し臭いますが、飼い主にとても懐いて一緒に遊ぶことができます。 ほかにも爬虫類やうさぎなどアパートなどでも手軽に飼うことのできるペットはたくさんいます。しかし、動物を飼うからにはきちんと環境を整えて責任を持って飼うことが大切です。

Valuable information

Last update:2017/3/31