ペットとの暮らし

ペットとの暮らし

ペットの持つ癒しの力

アニマルセラピーと呼ばれる治療法があります。ご存じのとおり、動物たちとの触れ合いを通して心身の不調を改善する医療行為のことです。動物と触れ合うことで、人は健康を増進する様々な良い影響を受けることができます。その良い影響は以下のように3つの効果に分類されます。
1つ目は生理的効果です。動物と接することでドーパミンの分泌量が増加するというのはよく知られた話ですが、そういった生理学的な良い変化がこれに当たります。ドーパミンは楽しいという感情のもとになる物質ですので、動物と接すると「楽しい気分」になれるわけです。他に副交感神経が優位になり、血圧や心拍数が下がり「リラックス」できるという効果も有名です。
2つ目は心理的効果です。動物との楽しい経験が思い出されることでその時の感情も再現されます。楽しさを感じることが増えれば抑鬱症状の予防や改善、また免疫力の向上にもつながります。
3つ目は社会的効果です。これは動物を通して人間同士の交流も盛んになるという効果です。無口で非社交的だった人が動物のことを話題に以前よりも会話をするようになったというのはよくある話です。
このように、動物たちは癒しの力を持っているのです。ペットを飼っている人は経験的に実感のあることでしょう。最も身近な動物であるペットの癒し効果をもらい、変わりに愛情と快適な生活を返してあげましょう。


ペットの癒し効果について

代表的なペットといえば、犬や猫をはじめ、ウサギやハムスターなどの小動物や、鳥類などがあげられます。
こうした生き物の世話を通じて、癒しの効果が得られることがわかっています。
例えば、人間の言葉をしゃべらないからこそ、安心してさびしさや悩みを打ち明けることができたり、あたたかさを感じるだけで癒されるという場面があります。
とくに、忙しい現代においては、ペットのことを話したり一緒に関わっているということが、家族のコミュニケーションの架け橋になっていることも少なくありません。
癒しは、単純にかわいい姿を見るということ以上に、文化的な側面があり、優れた音楽や人間同士の交流のように、人間の生活に欠かせないものとなっています。
また、シニア世帯や、運動不足になりがちな世代の場合、犬がいると散歩に出るため、健康上のメリットもあります。
ペットを育てることや日常の世話をすること、そして最後のお別れまで責任を持って飼うということは、子供のみならず人間として大切な経験となります。

recommend

2017/3/31 更新