ペットとの暮らし

ペットとの暮らし

万が一の時のために備えるペット保険

万が一の病気や怪我のために自分は保険に加入しているという人でも、自宅で飼っている犬には保険をかけていないという人も多いのではないでしょうか。近年ではペットの食生活や動物医学の発展により長く生きられるようになりましたが、その分だけ高齢になったときのケアが必要になってきます。ある程度の年齢制限があるので、早めにペット保険に加入しておくことが重要です。
ペット保険では、怪我をした時の通院費や病気のための治療費、手術代などを負担してもらえます。掛け金によって補償の手厚さが変わってきますが、中には亡くなった時の葬儀費用を負担してもらえるプランもあります。犬や猫だけでなく、インコなどの鳥類やうさぎ、フェレット、カメなど幅広い動物に対応しています。
近年では、ペットショップで犬や猫など購入した際には保険の加入をすすめられることも増えてきました。海外では昔から多くの人に利用されていましたが、日本では近年やっと多くの業者が参入して加入しやすくなってきました。手術をすれば治る病気であっても、手術費用が高すぎて手術を断念して寿命を早めてしまったということのないように、健康なうちから早めに加入しておくと安心です。


安心のために備えておきたいペット保険

近年ではペットショップで犬や猫などの動物を購入した際には、保険に入ることをすすめられるケースも多くなりました。人間であれば万が一の病気や怪我に対して保険をかけているという人は大半ですが、自宅で飼っている犬や猫にはかけていないという人も多いものでした。海外では多く利用されているペット保険ですが、日本では参入企業が少ないために保障の割には掛け金が高かった時期が続いていました。しかし、近年ではたくさんの業者が参入をしてきたので、毎月の支払いも手頃になって利用しやすくなりました。 ペット保険では、犬や猫の他にもインコやウサギ、カメやフェレットなどさまざまな種類の動物に対応しており、病気や怪我の際の通院費や治療費、入院費や手術代の負担をしてくれます。掛け金によって負担額が変わり、中には死んでしまった時の葬儀代の負担もしてくれるプランも用意されています。
他にも、ペット保険では他の人や他の家で飼っている動物に危害を加えてしまった時の障害補償がついていることもあります。年齢に制限があるケースも多いので、もしもに備えて早めに加入してみるというのが安心です。たくさんの保険プランから予算に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

Favorite

シルクインナーを用意

2017/4/28 更新